一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。サイト名変えました。そろそろエリートになってもいい頃だろうと思いまして。。。

頭で見てない人、多すぎじゃない?

f:id:hisuirai35:20170406222921j:plain

こんばんは。

ひすいです。

 

【頭で見れない】

最近、自分のブログの記事をもっと分かりやすく書ければなぁ~などと思い、"ブログの書き方"的な書籍を仕事終わりに読んでたりしてますw

そんな中、一つ思ったことがあります。

それは、「頭で見てない人、多すぎじゃない?」という事です。

 

【頭で見るとは?】

これはロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん」の中で出てくる言葉で、キヨサキ氏の金持ち側の父さんが、キヨサキ氏が最初に不動産を買った際に指導した際の言葉です。個人的に非常に良い言葉だと思います。

どういう意味かと言うと、"取引、お金に関する取り決め、市場、マネージメント、リスク要因、キャッシュフロー、会社の組織、税制"など目で見えない部分を"理解"するという事です。

 

【頭で見てない人、多すぎと思った訳は?】

なぜ、そう思ったかと言うと、"伝え方が9割"や"webの書き方だけで驚くほど..."など書き方本を見ていると、中身ではなくて、表現方法で全然評価が変わると書いてあるからです。

さらに言うと、仕事においても"なんとなく"や"そう思ったから"で判断している人や場合が多く、本当に段取りや理由を考えて仕事をしている人が少ないからです。

 

【頭で見れない結末は?】

物事を頭で見れない人の結末は。。。

とくに何もないと思います。。。

ただ、投信・株・不動産・副業など多くの事に関して、"頭で見る"という事が出来ないと成功は難しいでしょう。

 

 

【目で見た結果、大失敗した例】

あまり、恥ずかしくて言いたく無かったのですが、今となってはいい思い出なので話すと。。。

 

投資を始めて間もない頃に、"日本株アルファ・カルテット"という非常に分配金が高い投資信託商品がありました。

それはそれは高く。。。分配金300円/月とか、今考えたら怪しさ満点の商品がありました。

しかも、その商品は当時、人気No1、分配金No1などキラキラ光ってたんですね。。。

それを見た僕は「分配金300円/月なら1年で3600円だ。10単元買ったら、1年で3万6000円か!?これは、うまいぞ!!」と頭で見ているつもりが完全に目で見ている状態でした。。。

その結果、どんどん基準価額が目減りし、配当金は300円⇒100円になり、遂にはトータルでマイナスになり。。。最終的に2万5000円ほどのマイナスになりました。。。。

今思い出すだけでも、色々とダメだったなぁ~と思いますが。。。。

※"日本株アルファ・カルテット"を批判してるっぽくなっちゃってますが、別にこの投資商品が完全にダメとは言ってないです。僕には利益を出すには難しい商品だったというだけです。

 

【結論】

個人的な考えになってしまうのですが、目で見てすぐに理解できることは悪い訳じゃないのですが、目で見てすぐ分かった気になれるものは、多くの場合、裏があり、その裏側の事実が非常に大事だったりすると思います。

それは、投資や仕事以外でも通じる話しだと思っていて、色々な人から受けがいい人は実は裏でしっかりと根回しをしていたり。。。スポーツが出来るなぁ~と思う人は、実は家に帰ってからプロの動きを研究していたり。。。

裏側を知ると、以外にそこがすごい大事な部分なんじゃないかと思いました。

9割の人が新しい副業を始められない理由とは?

f:id:hisuirai35:20170404222359j:plain

こんばんは。

ひすいです。

 

 

【始められないと思った話(今日の話)】

今日も会社ネタなのですが、

同僚「ひすいさん~これをやったら絶対儲かると思う企画があるんですよ~」

ひすい「なんですか?」

同僚「日本の餃子は焼いて提供されるじゃないですか~」

ひすい「そうですね」

同僚「でも、中国の餃子は皮、中身を選んで、そこから焼いてくれるらしいんですね」

ひすい「ほうほう」

同僚「でも、調べた限りだと中国式の餃子の提供をしてるお店って日本じゃないっぽいんですね~」

ひすい「おぉ~」

同僚「なんで、これでお店を出したら日本でもヒットすると思うんですよ~」

ひすい「確かに、しそうですねぇ~」

同僚「この企画はなかなかでしょ~?」

ひすい「そうですね。やってみたらヒットしそうですね。。。」

 

こんな話をしていたのですが、実際に企画の"草案"としては良いものだと考えられます。

でも、僕はこのままだといつまで経っても実現されないだろうなぁ~と思いました。

 

【実現されない理由とは?】

それは、企画の"草案"でしかないからです。

僕は企画の仕事をしたことがないので、詳しい事は言えませんが、少なくとも上記のレベルの企画なら国内でも5000人くらいは考えた事あるんじゃないのかなぁ~なんて思います。

先輩でも似たような企画を考えて、僕に「これを企業に持っていったら企画料取れる!」と言っていた先輩がいましたが、似たような感じでした。

企画と呼べるものに仕上げるには、顧客ターゲット、ライバル店、出店場所、価格帯、味の種類、類似メニューの種類、店の作り、広告の仕方など多くの事を考えなければならないと思います。僕が、軽く考えるだけでもこれだけの検討事項があり、各検討事項を全て考え、最も繁盛するor最も利益が出る組み合わせになって初めて企画と呼べると思います。

 

【9割の人が始められない理由は?】

理由は簡単で、自己満で終わっているからです。

※9割の根拠はひすいの周りの統計より

草案としては非常に良いものでも、それを実現するには企画作り、事業計画を練り、出店までのマネジメントをして、開店したら事業運営をしてとやらなければならない事は山ほどあると思うんです。

昨日の記事でも書きましたが、人は何か心に響くことがあっても、明日には忘れます。

結局、意識が低いんですよね。。。

意識、やる気、情熱、自信・・・色々な呼び方がありますが、それが圧倒的に足りてないんです。

僕の師匠のよよよさんは、その点意識がめちゃくちゃ高いです。

※節約に関してだけですけど。。。

 

【結論】

やっぱり、何にしても情熱を持ってやらないと成功できないですよね。。。

僕は複数の事を同時にはなかなか出来ません。

なので、やれることは1つか2つに絞ります。

そうすれば、きっと自動的にその事に集中できます。

 

9割の人は貧乏老後と思った訳は?

f:id:hisuirai35:20170403235216j:plain

 

こんばんは。

ひすいです。

職場で老後の年金について、話をしている人がいて、"9割の人は貧乏老後"になると思いました。

 

9割の人は貧乏老後と思った訳は?

そんな事を思った、話の内容を紹介します。

30代社員Aさん、Bさん

Aさん「年金についてむにゃむにゃ。。。。」

Bさん「僕は死ぬまで仕事し続けると思いますよ~」

Aさん「確かに、そうなりそうですねぇ~。僕らが年金貰う頃には月々6万円とかになってたりして。。。」

Bさん「働いている途中でぽっくり逝けたらいいですけどね。。。w」

Aさん「どっちかと言うと、現場作業でオーライオーライグシャーーー!!じゃないですかね?w」

Bさん「実際はそうなるんですかね。。。それは嫌ですねぇ~」

 

僕はこの話を聞いて、同僚とこんな話をしました。

僕「我々の世代は、死ぬまで働き続ける人多そうですねぇ。。。」

同僚「そうですねぇ。。。でも、僕もそうなりそうですけどね^^;」

僕「そうなんですか・・・」

同僚「いやぁ~、実際6万円で生活ってなったら、ほぼほぼ無理なんで働かないとですよ~」

僕「。。。」

 

こんな話を会社で聞いたり、話したりしてて思った事は、「やっぱり、多くの人は老後、貧乏になるんだろうなぁ~」でした。

逆に僕は「今のうちに、しっかりとお金を貯めて、資産運用の勉強をして、資産運用を始めたら老後はめちゃくちゃ楽だろうに。。。」と内心思ってました。

 

【老後貧乏になる人とは?】

■将来、貧乏になる事が予測されるにも関わらず、何も対策を打たずに今を淡々と生きている人

 

明らかに、今の時代は資産運用の時代に突入しているのにも関わらず、多くの人が"興味があるけど忙しくて手を付けられていない"状態です。

これは、10年後のための資産運用よりも来年の昇給の方が大事だと思う人の方が圧倒的に多く、来年の昇給よりも来週の研修課題を提出する方がよっぽど大事な人が大多数だからでしょう。

実際のところ、研修課題の様に期限が決められているものを提出する際は切羽詰まったりします。でも、終わってしまえばしょうもない事だったりします。

そんなしょうもない事に一生懸命になるより、自分の将来の為、安心の為、息子の為に今から資産運用を始めた方がよっぽど良いと思うのは僕だけでしょうか。。。

この話を同僚にしたらきっと頷いてくれることでしょう。

そして、その同僚は明日にはこの話を忘れることでしょう。

多くの人は行動しないんですよね。

 

それが現実。

 

【結論】

僕はします。10年後には早期リタイヤを考えている事でしょう。第2の人生を歩み出しているかも知れません。バットマンになってるかも知れません。

 

 

 

No.1ネット証券で始める株式投資【SBI証券】

 

 

これまでの経歴

こんばんは。

ひすいです。

 

これまでの経歴を紹介します。

 

[2014年]

貯金も増えてきて、銀行に預けているだけでは勿体ないと思い、なんだか分からないけど、株・投資信託を始めてみようかと考えた。

当時はアベノミクスなる波があり、目をつぶって買っても数週間後には儲かっているなんて事がザラでした。

あぁ、もっと早く株を始めていれば良かった。。。

[2015年]

CCIEなる資格に挑戦し、悪夢に苛まれながらもどうにか合格。。。

合格するも悪夢によって受けた精神的苦痛から回復するために時間を要してしまった。

8月にチャイナショックで人生初の〇〇〇ショック的な株の暴落を体験。

 [2016年]

スイングトレード的な事をしてみたり。。。 

売り切れなかった株を長期投資だと言い出し塩漬けしてみたり。。。

訳の分からん事をやっている時期が半分。

もう半分は、自分に合った投資スタイルの確立のための学習でした。

応用情報にも合格したり。。。

[2017年]

当ブログを開始しました。

 

ひすいが考える"バリュー投資"の売買ルール検討内容

こんばんは。

ひすいです。

 

昨日は、バリュー投資も組み合わせていくという話をしました。

そこで、実際にバリュー投資を実施する際のルールについて検討を始めました。

今日は、そのなかで指標についてまとめた検討内容を公開しようと思います。

 

【PER】

PBRは株式投資をする人ならば、誰でも知っている指標の一つだと思います。

PER(株価収益率)のやさしい説明

  [ルール]

 ■PER:15倍以下

 ⇒上記のサイトでも記載のあった通り、一般的に15倍が割安かどうかの目途みたいなので、これを一つの投資判断としました。

 

【PBR】

PBRも有名な指標の一つだと思います。

以下のサイトにあるように、株価の割安度を純資産で計算するものです。

PBR(株価純資産倍率)のやさしい説明

 [ルール]

 ■PBR:1倍以下

 ⇒一般的にPBRが1倍以下は割安と判断されるそうなので、これを一つの投資判断としました。

 

配当利回り

配当利回りの高さは、様々な投資家からの評価向上、長期保有時の利回りアップ、数値として計りやすいという点からも考慮すべき点だと考えました。

  [ルール]

 ■配当利回り:3.5%以上

 ⇒完全ホールド戦略の場合には4%を狙いたいところですが、利確する事を考えると利回りはあくまで投資効率を上げる指標として考えるべきだと思い、3.5%にしました。

 

ちなみに、ザイにも「株500激辛診断」という事で、上記基準について見やすくまとめてくれています。証券会社のスクリーニング機能を利用しても良いのですが、微妙にルールに引っかからない株なども投資対象として発見しやすいので良いと思いました。

 

実際に指数だけまとめてみましたが、バリュー投資と言っても、完全ホールドの基準と対して変わらないなぁ~と思いました。

次回は、財務面について具体的な検討内容を公開しようと思います。

 

 

 

投資も分散が必要なのか(完全ホールド戦略+バリュー投資)

こんばんは。

ひすいです。

 

僕の投資法は完全ホールド(長期積み立て)投資でした。

つまり、一度買ったら会社が潰れるまで売らないというルールの投資方法です。

完全ホールド投資の強みは、一度買ったら売らないという前提なので、潰れにくい企業の株を、出来るだけ安いタイミングで買う事を意識します。

また、株価が大幅に下落しても一喜一憂しなくなるので、不用意に損切りする事がないという強みもあります。

さらに、1年毎にある程度は株・投信を積み立てるつもりなので、ドルコスト平均法的な分散投資も出来ます。

なので、リスクも少なく非常に良い投資手法だと考えていました。

 

ただ、以前の記事でも書いた通り、お金持ちになるまでに途方もない期間を必要としてしまうという大きな欠点を発見してしまいました。

http://hisuirai.hateblo.jp/entry/2017/03/23/223017

 

そんな訳で、もう少し元手を増やしつつ完全ホールド投資も組み合わせるという方法が良いのではないかと考えました。

 

そこで、目を付けた投資手法としては"バリュー投資"になります。

バリュー投資とは、簡単に言うと割安な株を買って、適正株価以上になったら売却するという投資手法なのですが、完全ホールド投資と割安なタイミングで買うという点では似ているという事で目を付けました。

実際に書籍で勉強していると、バリュー投資でも、ある一定の条件を満たせばかなり低リスクである程度の利益をそこそこの勝率で手に入れられそうだと思いました。

 

具体的な条件としては、

自己資本比率が高く、負債が少ない企業(安全性)

・売り上げ、利益を毎年少しずつでも右肩あがりで上げている。(安全性、長期性)

・企業の資本金がある程度ある(不況でも潰れにくい)

・業界として安定した利益を出しやすい

・PER、PBRが低い

など軽く勉強しただけでもこれだけありました。

 

なので、本格的にバリュー投資に関して勉強して、しっかりと自分の中で物に出来れば、今後の投資活動を大幅に加速させることが出来ると考えています。

そんな訳で、今後はバリュー投資に関して学習して行こうと思います。

はじめに

はじめまして。

ひすいです。

 

いや、初めましてではない人も多数いらっしゃるとは思いますが。。。

ブログを始めて1か月は経つのに、未だに自己紹介的な記事を書いていなかったなぁ~と思い"はじめに"を書いてみる事にしました。

 

【職種】

システムエンジニア

【このサイト】

 僕がお金持ちになるまでのサクセスストーリーをリアルタイムで見れるサイト。

【投資手法】

・長期配当利回り重視型投資

・インデックス型の積立投資

【所持資格】

基本情報処理技術者、応用情報処理技術者

・CCIE(Routing&Switching)

・LPIC300,303,304

【目標】

・金融資産総額1億以上

・金銭的心配の無くなるくらいの不労所得を所持

・多額のお金と社会的地位を手に入れられるだけの事業を所持

【将来の夢】

バットマンみたいにお金持ちだけど、実は裏で暗躍する感じの人になる事。

 【好きなブロガー】

 よよよ氏

http://jinseiyoyoyo.com/

 ※あのなんとも言えない世界観が好きです。

 

これからもよろしくお願いします。