一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

僕が富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

今の相場は高いのか?

f:id:hisuirai35:20170508230019j:plain

こんばんは。

ひすいです。

 

最近の日経平均株価堅調ですね。

もうすぐ2万円が見えてきそうです。

第二のアベノミクスが始まったなんて言う人もいるくらいです。

では、今の相場が高いのか低いのか?

ドル高、円安が進むならば、日経平均株価はまだまだ上がると予想も出来ますし、ここ数年の動きを見ると既に日経平均株価は高値圏に突入しているとも見れます。

そこで、迷える子羊達の為に、グレアム先生の1番 目の弟子ひすいがどうしたら良いのかコメントしたいと思います。

 

 

【相場が読めない時は?】

グレアム先生も書籍で書かれていた事ですが、相場は読めないものです。

相場が読める人というのは独特の"センス"を持ち合わせている人みたいです。

それ以外の人は、相場を読むと言う事は難しいみたいです。

では、一般的投資家・初心者投資家どうすれば良いのでしょうか。

それは"安全策"を取る事です。

安全策を取るというのは、少しでも高いかな?と疑問が残るときは高いと判断するという事です。

もし、これは今まで無いほど割安だぞ!!と直観的に分かるのであるならば、低いと判断するという事です。

これって、相場が読めないという事に反しているのでは?と思うかも知れません。

ただ、今回のお題が「相場が高いのか?」という話にさせてもらったので、あえて相場を読む話をしています。

ちなみに、相場を読まない場合の投資スタイルとしては"ドル・コスト平均法""割安株投資" があります。

僕は相場はあまり読まず、①淡々と積み立てる、②あまりにも大暴落した際に割安株を購入が良いと考えています。

【では、今の相場はどうなのか?】

結局のところ、高いか低いかは分かりません。

でも、一つ言える事は"ここ数年の動きを見ると既に日経平均株価は高値圏に突入しているとも見れます。"と言う事です。

日経平均株価の月足でここ数年のチャートを確認すれば、株を始めて3年程度の素人?目にも高いと見えます。

 そして、簡単な教訓?的なところでは、アナリスト達が楽観的な予想を始めたら、既に相場は高値圏にあるという話もあります。

雑誌やサイトで「日本株復活のシナリオ!!」とか「日経平均3万円までの予想」などの楽観的なフレーズを見かけたら一つの高値圏のシグナルが出ていると思えます。

そんなときは、手控えた方が良いと判断出来ます。

【なぜ、高値でも高い株に手を出す人がいるのか?】

これは、色々な要素があると思います。

簡単にいくつかの例を上げます。

・周りの利益確定の噂を聞いて、投資未経験者が新規参入するため。

・自制心を失い、高揚感を満たす為にリスクを軽視し取引する人がいるため。

・アナリストの楽観的なコメントから、もっと上がると安易に信じる人がいるため。

・etc

上記の様に、いくつかの例がありますが、投資初心者程いくつもの例に当てはまるのではないでしょうか。

そして、自分を律している投資家は、分からない時は危ない橋を渡らない。

そう考えるのではないでしょうか。

※もっと専門的で数十年に渡り利益を得続けているような、真の強者の事は分かりません。

色々なサイトや書籍でも載っている事ですが、株と言うのはどこかで下がるもののようです。

なので、長い目で見てしっかり資産を増やせる時にのみ取引をするのが良いのではないでしょうか。

もし、何か今すぐ始めたいと考えているなら、ドル・コスト平均法で毎月一定額積み立てるようにするのがベストだと思います。

 

【意見】

上記の事から、僕は現在投資をする時期では無いと考えています。

最近、ETFの積み立てを検討していますが、今は開始時期でないとも思っています。

今は投資の勉強、そして自分のルール通りに行動。(分からない時は、買わない。)

ただ、それだけだと思います。

もし、自分の中で明確なルールが出来ていないのであるならば、ルールの明確化をするべきだと思います。

もし、ルールを明確化するための材料がないならば、投資の勉強から始める事が良いと思います。

僕はETFの積み立てルールの詳細化を検討しています。

毎月一定額にしたいので、端数は翌月or翌四半期に持ち越しにするなど。。。 

 

【コラム】

毎月積み立てている投資信託は今まで通り運用する予定です。

上記の説明通りであるならば、今は高いから買わないという判断になるのですが、投資信託はいつでも一定額積み立てるルールにしているので続けます。

これは、本当に株価が爆上がりした時の対策にもなると考えています。

結局、相場は分からないですかね。

そして、毎月一定額積み立てるドル・コスト平均法は証明された投資法なので、ドル・コスト平均法で続けるルールとしているならば、そのままルール通り実施するが正解だと思うからです。

 

↓をポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

昨日の記事が恥ずかしすぎて、おしっこちびりそうでした。

f:id:hisuirai35:20170506220752j:plain

 

こんばんは。

ひすいです。

 

前日の記事で算数が出来ず、日本語意味不明と言われてしまい、恥ずかしすぎて

「wぇかん;wlんぼしあwwおっぱお」って感じになりました^^; 

確定拠出年金の大きく、忘れられやすいデメリット - エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

 

バブル崩壊で最大日経平均株価4万円⇒2万円半値近くまで落ち込んでいます。
つまり-100%まで落ち込んでいる事になります」

 

聡明な読者の皆様は上記を読んで、「?????」となった事でしょう。

ご名答!!

半値になったのに-100%ってwww

我ながら恥ずかしい事を記事にしてしまいました。。。

「何がエリートSEやねん!!」と今にも突っ込みがきそうですね。

 

 

ちなみに、この後恥ずかしくて、昨日の記事に関して色々と調べてみました。

 

 

【受け取り期間】について 

確定拠出年金の 受け取る期間が10年と限られていると話をしたと思います。

これについて、受け取り開始時期が60歳~70歳と決められているだけみたいです。

なので、年金として定期的に受け取る場合には、投資成績が悪くても受け取っている間に成果が良くなる可能性もあるのでしょうか。。。少し調べが足らずすみませんでした。

[参考]

確定拠出年金 : 積み立てた資産は、どのようなときに受け取れるのですか? | 三菱東京UFJ銀行

 

ドル・コスト平均法だから、マイナスにならないのでは?】

多くの投資有識者達は確定拠出年金で運用する場合は積み立て投資になり、これはドル・コスト平均法というプラスの成果が証明された方法なので、成果がマイナスになる可能性はほぼないと考えるでしょう。

現に、僕もドル・コスト平均法は非常に簡易で優れた投資手法だと考えています。

そして、グレアム先生も投資初心者には良い的な事を書かれていたと思います。

であるならば、僕が前日話した投資成果の波が大きく下がるタイミングで受け取りを開始しなければならなかったとしても、ファンドの成績は少しはプラスになると予想できるし、加えて税制上の優遇によりそこそこのプラスで受け取り出来ると考えられます。

しかし、二つの懸念点があります。

(1)大恐慌

昨日の記事で説明した通り、大恐慌が発生した場合はどうなるか分かりません。

これは発生頻度が非常に低いものなので、ドル・コスト平均法でカバーできるかどうかは未知な部分もあると思います。

 (2)ドル・コスト平均法の前提

ドル・コスト平均法の前提となる、長期運用が出来るかどうかです。

具体的には、50歳でそろそろ退職金を気にし出すであろう世代が始めたら、最悪マイナスとなる可能性があると思います。

逆に現在20代で、これから40年近く確定拠出年金に毎月拠出し続ける想定ならば良いと思います。

 

日経平均株価の下落について】

バブル崩壊で最大日経平均株価4万円⇒2万円半値近くまで落ち込んでいます。

これについて、超長期の日経平均株価のチャートで説明します。 

日経平均株価 超長期月足チャート|1949年5月算出開始から現在まで | Base Views

上記を読むと、1989年12月 3万8957円を付けたとあります。

そして、詳細な部分は画像なのでわかりませんでしたが、翌年1990年には2万1000円くらいになっているように見えます。

つまり、1年間の下落値としては約40000(38957円)-21000円=19000円≒2万円となります。

↑ここが言いたかった事です。

※計算が大雑把ですみません。

 

さらに、1989年から10年間(1999年)の間の最低値を見ると

1990年に約13000円になっているように見えます。

よって、10年間の最大下落値は約40000(38957円)-約13000円=27000円となります。

すごい下落ですね。

 

これからも、エリートSEと言ってるくせして、掛け算割り算、足し算引き算も出来ないSEの記事をよろしくお願いします~

 

確定拠出年金の大きく、忘れられやすいデメリット

 

f:id:hisuirai35:20170505002930j:plain

 

こんばんは。

ひすいです。

 

以前、確定拠出年金の企業型、個人型の比較をまとめさせてもらいました。

そして、結論として企業型が良いという一つの結論を導き出しました。

 iDeCo(イデコ)か企業型確定拠出年金に加入するか迷ってます。 - 一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

 

しかし、あれから投資の歴史、考え方を学ぶにつれて、確定拠出年金の大きな落とし穴を発見しました。

そこで、今回は確定拠出年金の大きな落とし穴について説明したいと思います。

 

 

確定拠出年金は投資】

まず、確定拠出年金をする人の多くは、確定拠出年金用ファンドの販売担当者から、一つの注意事項を受ける事でしょう。

それは、確定拠出年金は"投資"なのだと言う事です。

しかし、多くの販売担当者は自分の販売実績をあげるために、"投資"の魅力を説明する事でしょう。

そして、これから説明する確定拠出年金用ファンドは"将来どうなるか分からない"にも関わらず、"このファンドを買えば運用益で資産が増える"と適当な事を説明してくれるでしょう。

 

ここで、重要な事を我々は再認識しなければならないと考えています。

それは、確定拠出年金も資産を運用する"投資である"という事です。

 

【多くの人が確定拠出年金をしてしまう理由】

上記で説明した通り、確定拠出年金用のファンドは投資です。

そして、一般的に確定拠出年金用のファンドは投信信託のそれと同じものを、確定拠出年金用としてピックアップしているに過ぎません。

このため、不幸にも運用が難しいファンドを選択してしまった投資初心者は、数年~数十年は利益という結果が付いてこない事になるでしょう。

それでも、多くの投資初心者が確定拠出年金を始める大きな理由は、所得税控除でしょう。

 

多くの人が確定拠出年金をしてしまう理由は、約20%もの所得税控除があるからでしょう。

これは、言うなれば、100%の確立で毎年拠出した額に対して約20%もの利回りが付く事と同義になります。

 

確定拠出年金の大きく忘れられやすい落とし穴とは?】

確定した20%の利回りなんてものは、投資の世界では"完全に詐欺"しか思い浮かばないレベルの代物です。

しかし、これは国が法律としてルールを決めているため、"所得税控除"を受けられる事については確定しています。

そして、それ故に、所得税控除=年率約20%の利回り=確定拠出年金の利回りも+20%/年と考えがちだと思います。

現に、僕は"所得税控除=確定拠出年金の利回りも+20%/年"だと思い込んでいました。

しかし、冷静になって"投資"という考えに立ち戻ってみましょう。そうすると、投資であるからして、ファンドの運用成績がプラスの時もあれば、マイナスの時もあります。

つまり、確定拠出年金の利回りは以下の式になります。

 

確定拠出年金の利回り=所得税控除(+20%)+ファンドの運用成績(X%)

 

よって、ファンド自体の能力が低くマイナスが大きすぎる場合(つまり、運用成績-20%/年)には、全体を通したらマイナスとなってしまう事になります。

このため、ゴミファンドを選択してしまったら、損をする可能性があると言う事です。

 

ここで、多くの賢明な読者から反論が聞こえてきます。

「いやいや、所得税控除で確定+20%があるならば、ファンドの運用成績が毎年-20%以下じゃなければ利益になる訳で、そこまでゴミファンドはないだろう」と。

仰る通りで、確定拠出年金で運用する場合、基本長期運用となるはずです。

よって、長期で見たら運用成績はプラスになるだろうと。

 

しかし、我々(特に大恐慌を知らない世代)は、もっと深刻で世界的に経済が低迷している状況が今後来る事を予想または来た際の対策を考えられていないのではないかと思います。

仮に非常に適当な試算をします。

例えば、今から20年間毎月1万円ずつ確定拠出年金に拠出するとします。

また、ファンドの能力は±0%/年と過程します。そして複利計算も入れません。

この場合の確定拠出年金の運用益は以下となります。

拠出額=1万円×12ヵ月×20年=240万円

確定拠出年金の資産額={(1万円×12ヵ月×1.2控除)×20年}=288万円

確定拠出年金の運用益=288万円-240万円=48万円

(確定拠出年金の利回り=20%)

実際はファンドの能力と複利で利回り+50%~100%くらいになるかも知れません。

 

上記の利回りで大恐慌を耐える事が出来るでしょうか。

バブル崩壊で最大日経平均株価4万円⇒2万円

半値近くまで落ち込んでいます。

つまり-50%まで落ち込んでいる事になります。

 

確定拠出年金の運用も投資です。

〇〇ショックや大恐慌の際には多くのファンドの資産価値が目減りする事でしょう。

にも、関わらず、確定拠出年金の引き出し期間は10年間です。

引き出し期間が経済が好景気で多くのファンドの運用益が大幅なプラスの時であれば、最高の年金制度となるでしょう。

しかし、最悪の場合には10年間景気が最低のラインとなり、多くの資産がプラスなのかマイナスなのか分からない、または資産価値が目減りする(マイナス)可能性があります。

 

【どうすれば良いのか?】

では、我々はどうすれば良いのか?

そこが一番のポイントでしょう。

このポイントに関して、僕は一つの見解を持っています。

それは、余裕資産で拠出する事です。

いつでも自由に引き出せる投資商品(投資信託や株)を保持しているにも関わらず、更に余裕資産がある。

こんな状況で、確定拠出も税制上のメリットを満喫するために利用する。

これくらいの感じがちょうどよいと思います。

理由としては、先に述べた通り、引き出し期間が限られている制限のある投資手法だからです。

逆に、余裕資産がほとんど無いにも関わらず、税制上のメリットだけに注視し、最高の安定投資法だなんて思わない方が賢明です。

 

【結論】

確定拠出年金も投資である事を認識する。

・投資であるので、世界情勢によってマイナスになる可能性を理解する。

・投資であるので、余裕資産で取り組む事をお勧めする。

 

 ↓ポチっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

 

GW 23.8インチ ディスプレイ 壊れるの巻

こんばんは。

ひすいです。

 

皆さんはGW楽しんでますか?

海外旅行、実家帰り、恋人とデート、ゲーム三昧。。。

色々と各々の充実した予定を詰め込んでいることでしょう。

 

かくいう僕は、昨日も今日も仕事でした。

そして、今朝ディスプレイのHDMI端子がイカレマシタ(たぶん。。。)

僕はPCをDVI、テレビをHDMIという形で繋いでいるのですが、今朝突然テレビに繋がらなくなりました。

色々と故障切り分けをしたのですが、たぶんディスプレイ側のHDMI端子が壊れているので、もう新しくディスプレイを買ってしまいました。

ディスプレイは個人的にノングレアが好きなので、ノングレアでセレクティングし、現状と同じHDMI端子とDVI端子付きのそこそこのお安めのディスプレイを購入しました。

 

[コラム]

ちなみに、色々と専門用語?を乱発しているように思えるので説明します。

・DVI:最近のPCとディスプレイの接続口の事。

VGAとDVI パソコン初心者講座

HDMI端子:テレビ用の接続口の事。

HDMI端子ってなんだ? [パソコン・PC] All About

・ノングレア:光沢感の無い、触った時サラサラのディスプレイ

グレアとノングレア!?その違いを理解しよう! | Rentioまとめ

 

そんな訳で、GW初っ端から社畜の如く仕事はするし、バブル世代の如く家電は買い替えるしで、最悪なGWの出だしです。

ちなみに、お勧めという程ではないですが、一応、僕が買ったディスプレイは記事最後尾に掲載しておこうと思います。

 

[最悪なGWでも積み重ねる]

思うのですが、こういう時こそしこしこと積み重ねをする事が将来の目標に繋がるのだろうと。

そんな訳で、PMPの勉強をいつもより15分も長く勉強してやりました!!

さらに、意識が高まりまくって記事の書き方的な書籍も読んでやりました!!

 

うぅ~ん、我ながら頑張ってる。

 

やっべ、明日両親が来るんだった。。。忘れてた。。。。

 

 

 

グレアム先生に学ぶ堅実な投資 その2

こんばんは。
ひすいです。

 

遂に「賢明なる投資家」を購入してしまいました。。。
価格は4,104円とちょっと。。。ってか高くね?∑q|゚Д゚|p

ですが、この本は生涯の投資のバイブルとして持っていて損はないと思った本なので、後悔はしてせん。
読んでいて思う事は、"むしろ買って良かった"って事です。
100万円を超える額を証券口座に振り込んで、今年もまた100万円以上振り込んで、本気で投資しようとしている身からしたら、このバイブルは必須だなと思いました。

 

あの、何と言うか、ちまたに売られてるまとめサイトを本にしましたよ的な本では味わえない投資の精神を学べると思います。簡単にグレアム先生の投資手法を学びたいなら、グーグル先生に聞いたらすぐに理解出来ると思います。
でも、まとめサイトで載っている程度の事ではなくて、グレアム先生の生の言葉(まぁ~翻訳されてますが。。。)を読まないと分からない世界があるんですよ!!

 

まぁ~そんな事を言っても、信者が何か言っている程度にしか思わないと思うので、少し先生から勉強させて頂いた内容を紹介しましょう。
そして、こうやって紹介する事で僕も先生に一歩近づける事でしょう。

 

【3章 どの道を行くべきか】
[内容]※一部抜粋
どの道を選ぶべきか迷っている投資家がいれば、慎重な方針を取ることを進める。
①有価証券を買い付けたり、保有するための借金はしない。
②資金に占める株式の割合を増やさない
ポートフォリオ中の株式部分を、必要ならば最高で半分にまで引き下げる。キャピタルゲイン税を気前よく払い、株式売却によって生じた資金は優良債権に投資するか普通貯金に預ける。

 

ドル・コスト平均法を一定期間にわたって着実に実行してきた投資家は、その定期的投資法を続行するか、あるいは市場水準がもう危険な域を脱したと思える時が来るまで、それを休止するのか、論理的にはどちらを選んでもよいであろう。
ただし、・・・・のような相場の水準のときに、決して新たにドル平均法を始めるべきではない。

 

[先生の話の解釈]
ここからは僕の解釈です。
(1)今の水準が高いのか低いのかは誰も名言出来ないので、少しでも迷いがあるなら上記の3つの方針を取るようにする。つまり、慎重に投資しろよっと。
(2)相場が読めず分からないならば、株式投資は控えめにするべきだが、別の資産の割合を増やすが株式を完全に撤退して良いとも言っていない。つまり、高いなぁ~って思うときは株を現金にすれば良いし、低いぞ!!ってときは株式の割合を増やすと。
(3)その高い、低いの判断は(1)でも書いた通り、誰も名言出来ないので、自分で判断するしかない。そして、迷うときは控えめに。つまり、自分のなかで完全に安いと思った時「安い!!安すぎるぞ!!」と思った時にのみ積極的になればよいのである。
※それ以外の時は、シコシコとグレアム先生の本を読んでて下さい。何回読み返しても良いと思います。もし、グレアム先生の本を完全に理解した!!なんて人がいるならば、免許皆伝でしょう。こんなサイトを見てないで、さっさと億り人になってください。いや、やっぱ見て下さい。そして僕に億り人になった秘訣を教えてくだしゃぃ。お願いします。

 

イイ事書いてあります。雑誌で出てくるアナリストがこれからはいくらまで上がるとか、下がるなどと言う夢物語ではありません。現実的な話ですね。
ちなみに、上記の先生の本の引用は、本の1ページ程度です。
509ページ中の1ページです。先生の話を真に理解したい聡明な読者は、実際の先生の本を手に取り、しっかりと読み込んだ方が良い事は既にお気づきでしょう。
でも、無理強いはしません。それも人の人生なのだから。

 

うん。決まったな。

 

 

配当収益は管理すべき

こんばんは。

ひすいです。

 

今まで配当収入を集計していませんでした。

ですが、これからどんどん株を購入し行くと配当金の額もバカにならなくなってくると思い、これからは配当収益も管理していこうと思いました。

ちなみに、配当収入の集計の考えられるメリット・デメリットは以下です。

[メリット]

・評価額だけでなく、配当も含めたトータルリターンが把握できる。

・株への投資額が増えても、リターンがいくらなのか把握できる。

・配当収益を視える化する事で、配当への意識が上がり、銘柄選択時もシビアになれる(モチベも上がる)

 

[デメリット]

・めんどくさい

・集計が大変

 

上記の通り、メンドクサイですが、それを除けば株の意識向上やトータルリターンの把握などメリットが一杯なので、管理していこうと思いました。

※個人的には自分のお金の管理はあまり面倒に思わないので、管理すると良い事しか残らんっと言った感じです。

 

ちなみに、SBIでは投資信託はこんな感じで全体の収益の管理が出来ます。

f:id:hisuirai35:20170428222847p:plain

え?、めっちゃマイナスじゃないかと?

ええ。。。そんな事は分かってる話なんですが。。。

まぁ~2014年~2015年にアルファカルテットであったり、アジア・オセアニア好配当成長株とかだいぶリスクの高い投信を一括買いしてしまいまして。。。えぇ。。。

そりゃ、損しますわなw

まぁ~2016年からは勉強し直して少しずつプラスに傾いてきてきましたが、まだまだ全体としてはマイナスってところでしょうか。

 

話は逸れましたが、SBIだと株の配当まで含めた管理画面が無いように思えてます。

※あったら教えてください。

そんな訳で、配当金の管理を独自にExcelでしていこうと考えてます。

仕事でもそうですけど、視える化って大事ですよね?

配当収益も視える化していきたいと思います。

SBIさん、配当も含めたまとまって見れる表が欲しいです。。。

 

ではでは。

 

No.1ネット証券で始める株式投資【SBI証券】

 

 

グレアムに学ぶ堅実な投資

こんばんは。

ひすいです。

 

「賢明なる投資家」を立ち読みし、"至高の一冊だ"と感じました。

全部読んでいないのですが、多くの有名投資家が良いと言うだけあります。

 

【この本を読んで】

この本を読んで、「金持ち父さん」の株版の様な印象を受けました。

そして、株で堅実に投資をするための"真理"に近いものを読んでいるような感覚に陥りました。

 

【グレアム曰く】

グレアム曰く、積極的な投資家も防衛的な投資家も長期では市場平均並みの成果しか上げられない。

また、投機家は魅力的に感じる投資をして大損をすると。

そして、ドルコスト平均法は証明された平均並みの成果をあげるための投資手法だとのこと。

 

【我々はどうすれば良いか?】

では、我々一般人はどうしたら良いのか?以下の様に感じました。

ドルコスト平均法

・指数で割安株を選ぶ

・バランスを取る

この3つのシンプルな法則に則って坦々と投資を続けるだけでよいのだと。

 

【僕の勘違い】

僕の大きな勘違いは、投資は大幅な利益を得る手法で、大幅に短い時間でお金持ちになる為の方法だと思っていた事。

 

株式投資は手堅くしっかりと利益を出すための一つの手法なだけなのだと認識し直しました。

 

【結論】 

株で数十万円から数億まで資産を増やすというのは、すごい相場が良いときにすごい良い銘柄選定が出来た人だけが出来るのだろうと思いました。

 

まだ、全部読み終わってないので、購入して全部読んでから、再度自分の投資スタイルを見直す必要があるなぁ~と思った次第です。

 

皆さんも、ぜひ一読する事をお勧めします。