一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。サイト名変えました。そろそろエリートになってもいい頃だろうと思いまして。。。

CCIEホルダーの誕生まで

僕は学生時代は大した技術力もなく、研究室の中では落ちこぼれでした。

そんな僕がCCIE取得に至るまでの過程を紹介させて頂きます。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

高校生の時はハッカーに憧れていた。

 

彼ら(ハッカー)は何か凄い事が出来て、裏で世の中を変える力を持っている気がしていた。

 

その気になれば、大手企業を倒産させる事も、官公庁の重要データを盗んでお金儲けに使う事も出来ると思っていた。

 

大学生になり、プログラミングを習い、情報処理に関する基礎教育を習う傍らでハッキングに関する書籍を購入して、自分で勉強していた事もあった。

 

しかし、時間が経つにつれて現実を見るようになりハッカーはただの犯罪者だと思うようになり、実際に社会に出て使える技術を学ぼうと思うようになった。

 

オンラインゲームが大好きだったため、将来はネットワーク関連かプログラミング関連の仕事をしたいと思っていた。ただ、プログラマーは非常に過酷な仕事の割りに給与が低いという噂を聞いていたため、どちらかと言うと、ネットワークの仕事に就きたいと思っていた。

 

そして、大学・大学院を卒業し実際に会社に入り、ネットワーク関連の仕事を今でもしている。幸運な事に、僕が就職した企業は資格取得に対して熱心で、受験料負担や合格一時金など多くの資格が取りやすい環境だった。

 

加えて新人教育で、CCNA,CCNP,LPIC lv1を取得させてもらえる環境にあった。業務配属後も何か資格取得する事を推奨されていたため、ネットワークエンジニアの業界では取ったら神のようになれる資格があると聞いて胸を輝かせて、その資格学習を始めた。

 

それが、CCIEだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その後、長い年月を掛けてCCIEを取得する訳だが、本日のお話はここまで。

 

最後に。

僕は中学生くらいからネットワーク関係の技術に関して興味があったため、長い間学習を続けられました。人それぞれ難関資格にチャレンジする際の攻略法は違うとは思いますが、モチベーションは非常に大事なファクターの一つだと思います。