一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

資格の簡単(効率的)な取り方

僕はCCIE(CCNA,CCNP)、LPIC(lv1,2,3),応用情報(基本情報)を保持していますが、周りの人よりもかなり楽に取得していると思います。

 

今回は資格の簡単な取り方を説明したいと思います。

 

ポイント①:出る部分を学習する

ポイント②:問題を繰り返し解く

 

①の理由ですが、出る部分だけ学習し、出ない部分は学習しないようにすれば、無駄な学習時間が減りより簡単に資格取得を目指せると思います。

 

②の理由ですが、何事にも言える事ですが、繰り返さないと覚えないため、実際の試験でも得点に繋がりにくいからです。

 

では、具体的にどうすれば良いのか?

 

①方法に関して、出る内容がピンポイントで分かれば苦労はしないと言う人がいるかも知れません。

 

しかし、実際は分かるんです。

 

例えば情報処理の試験は顕著ですが、問題集を購入すると出題頻度が書いてあるものがあります。

 

この出題頻度がそのまま出る内容です。

 

では、実際にどのように学習すれば良いのかと言うと、

書いてある出題率が高い問題から、何も見なくても解けるようになるまで繰り返し解いてみて下さい。

 

そうすると不思議な事に、試験でも似たような問題が何問も出てくるはずです。

 

そのほかの資格も同様です。

 

 

結論:出題頻度の高い問題を繰り返し解く事で、より効果的に試験対策が出来る。

 

誰が見てるか分かりませんが、活用すると良い結果が待っているかも知れません。