一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。サイト名変えました。そろそろエリートになってもいい頃だろうと思いまして。。。

あのですね。。。みんなCCIE好きすぎでしょw

このブログは投資ブログな訳で、SE的な何かは完全にオプションな訳ですよ。。。

それなのに、SE的な何か(CCIE関連)の記事をあげるたびにアクセス数が伸びるのは、嬉しいような嬉しくないような。。。

正直言ってアクセス数を増やしたいからブログをやってる訳では無いんですが、アクセス数の解析?的な機能で見ると明らかにCCIE関連の記事へのアクセスが集中してるんですよねぇ~。

みんなCCIE取る前は情報共有だの、勉強会だのみんなでモチベ上げて一緒にやるくせに、自分が受かった後は一瞬でステルス化しますからね。ま、その気持ちは自分も同様だったので分からなくもないですが...だから、CCIEホルダーがCCIEキャンディデイト(候補生)の為に書くぶっちゃけのブログって実は少ないのかも?っと思ったりした訳です。

ブログを書く大きな理由の一つとして文章力を少しでも身に付けようと思って書いてます。また、自分の備忘録的な役割と、何かを調査する際はワールドに向けた情報だと思うと少しはしっかり調べてから記事にするかなぁ~と思って、そしたら自分の興味ある内容もより調査の精度が上がるだろう的な感じで記事を書いてます。これも完全にオプションですが、すごくすごくアクセス数が増えたらアフィリエイト的な何かをしてもいいのかなぁ~とは思ってはいますが、毎日数十アクセス程度ではたかが知れてるのでやってません。毎日数百アクセスも来るようなサイトになったら初めてみたいですが。。。

今日は完全に自分の不満というかなんというか、よく分からない気持ちのモヤモヤを表現してみました。

 

あ、一応これからもCCIEキャンディデイト向けに受かるための情報提供はしていこうかと思ってます。一応、僕の現実の周りの人でキャンディデイトがいて、今もなお必死に頑張ってますので、何か新しい情報があったら伝えられるかと思います。

ちなみに、CCIEキャンディデイトと呼ぶのは、受験会場のプロクター(試験監督)がそういうので、僕も真似してるだけです。日本で受験する人は六本木のcisco本社ビルで受験すると思いますが、あそこのプロクターは"ジェームス"という一見白人の背の高い外人

のような名前のプロクターが出てくるパターンが多いらしいですが、実際はアジア系のどこにでもいる感じのチビのおっさんです。ジェームスは非常に長い期間プロクターをしてるみたいで、基本説明は全部英語なのですが、本当に困った顔で何回も拙い英語で質問するとちょびっと日本語で説明してくれることがあります。自分がそうでしたw