一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

僕が富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

これからの時代は仮想空間を制する者が時代を制する

~~~~~~~~~~~~~

仮想化は何もITの世界だけではない。ビットコインを始めとした暗号通貨や投資信託、株、ポイントなど、これらは全て仮想化されている。例えば、株を例に取ってみよう。株は本来は株券という紙の発行券が価値を担保していた。しかし、現在ではネット証券に登録し、ネットの証券口座にお金を振り込めば、後はWeb上で取引可能だ。

つまり、我々はほとんど現実の世界でやり取りをしてない事が分かる。

この仮想化という概念の適用分野は、実はまだまだこれから発展途上にあると考えている。具体的に何かと言えば、ネット上の仮想的な場所だ。簡単な例を挙げると、アマゾンや楽天などは大きなショッピングモールで、個人商店の人達はそれらのショッピングモールのスペースを借りて商いをしている。よって、アマゾンや楽天は、イオンのようなショッピングモールをネットの世界で提供していると考えられる。

他にも例がある。ネット上の場所という意味ではYOUTUBEやニコニコなども似たようなものだと考えている。なぜかと言うと、これらのサイトは個人のトークや芸や講座を提供する場所になっているからだ。つまり、結局は大きなスペースを提供しているだけに過ぎない。そのスペースの価値の提供の仕方は提供者毎に異なっていて、ニコニコならば動画中にコメント入れられるようにする事でみんなの一体感を得られるようにするなどだ。

 

僕が言いたい事は、これからの時代は現実世界の物や土地の価値よりもネット世界の場所や物の方がより価値が高くなってくるだろうと言う事だ。

我々の多くは現実の物のために仕事をしている人が多いだろう。しかし、そのまま現実世界の仕事をしていてはどんどん貧しくなっていくと思う。なぜならば、上記の通り、仮想空間の物や場所の価値がどんどん上がってくるからだ。

~~~~~~~~~~~~~

 

と言う事で、個人的なこれからの時代についての考えを書いてみました。

実際は仮想空間の価値が現実世界の価値の何倍にもなります。何てことはすぐには無いと思っています。ただ、少なくともそういう時代が来ている事は確かだと思います。その動かぬ証拠がネットショッピングだったり、仮想通貨だったり、ネット証券だったりが流行っているからです。それでも、産業時代の人を親に持つ人達は、「そうは言っても、やはり現実の世界があってこそ」とか「ネット上で仕事なんて将来どうなるか分からない」などと思うかも知れません。その気持ちは分かります。僕の親は産業時代の物思考の強い人間なので、今の話を伝えたら「何を言っているんだ!」って思われると思います。

ただ、これからどんどん発展していく分野はネットの仮想空間にあるという事は、最近の有名なサービスが証明しています。

 

そこで、これからの仮想空間での世界が増えていく中での生き方として、個人的に考えている事は、好き嫌いせずにまずはネット上の色々な便利なサービスを使ってみる事だと思います。なぜならば、自分が使ってみないと便利さであったり、何が良いのかもあまり伝わってこないからです。具体的には、ネット上のサービスは基本無料の事が多いです。そのため、少しでも面白そうと思ったものは使ってみる。または、人気があるネットサービスは登録してみる事が良いと思います。一応、リスクとして炎上や個人の特定などが挙げられるかも知れません。ただ、リスクの軽減策をたてておけば、大きな被害にはならないと思います。例えば、仕事やバイトの内容はネット上に出さない。氏名や住所、顔が出るようにはしない。などです。このようにリスクオフして、どんどん新しいネットサービスを使えるようになれば、生活はもっと便利になると思います。それだけではなく、ネット上のどんなサービスに価値があって、どんな機能があると多くの人から喜ばれるのか分かるようになってくるのではないかとも思ってます。

 

僕は、これからの仮想空間での世界を利用して自分の生活を便利にするとともに、お金儲けもしていきたいと思っています。これから発展が見込める分野なので、仕事が忙しくてあまり手が掛けられなくても結果が出やすいのではと思っています。また、現実世界で働くよりも効率的に結果が付いてくるとも思ってます。

 

結論:これからの時代は現物よりも仮想物