一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。

以外に使えるBGP

資格-Cisco-CCIE

皆さんこんばんわ

ひすいです。

 

皆さんはBGPというプロトコルはご存知ですか?

もちろんご存じだとは思いますが、最近新たな発見をしたのでご報告。

僕のイメージの中では、完全にISPが利用するルーティングプロトコルの認識しか無かったので、そんなところでも利用されるの!?的な新しい発見をしました。

どんな発見かと言うと、BGPを経路制御の優秀さという観点でOSPFで利用するような場面で利用しているという事です。

まず、BGPの最初の学習で、OSPFやEIGRP、RIPなどで形成されたドメイン間のルーティングプロトコルとして学習している方が多いと思います。

アトリビュートの考えなどは非常に専門的で、CCIEを目指す人以外はあまり触れない人も多いでしょう。

しかし、ドメイン間のルーティングという能力よりも経路制御の優秀さからOSPFで組むようなネットワークでBGPを使うような場合があるそうです。

※どこのネットワークかまで言うとアウトなので言えませんが。。。

確かに、BGPはドメイン間ルーティングの側面もありますが、複数のアトリビュートを利用した経路制御が可能な唯一のルーティングプロトコルでもあります。

そんなわけで、BGPは意外に使えるものなんだなぁ~と思った次第です。

 

最初にBGPを学習した際、黒本だったけかな?で学習した内容のイメージしか無かったのですが、それは固定概念が入っていたなぁ~と反省しました。

CCIEまで取得してネットワークの事ならある程度分かるつもりでいましたが、やはり常に色々と学習させられる事があると思いました。

これを教えてくれた先輩は、CCIEを取得していない方ですが、その人が担当するNWの事に関しては活き活きと説明してくれました。

SEの業界だけではないかも知れませんが、常に新しい事に積極的に取り組む姿勢は大事だなぁ~と感じた次第です。

 

結論:固定概念は捨て、常に新しい事にチャレンジする精神が大事