一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。サイト名変えました。そろそろエリートになってもいい頃だろうと思いまして。。。

長期投資の基本的な考え方について①

投資のスパンに関して、以前の記事で記載させて頂きました。

http://hisuirai.hateblo.jp/entry/2017/02/08/230937

その際に、長期投資が良いという話も記事にしています。

今日は、「株式投資の学校」という書籍を一通り読んだので、その内容を紹介したいと思います。

 

基本的に長期投資で成功するには3つのポイントがあります。

①良質な銘柄選び

②割安な水準で購入

リスク管理しながら長期で保有

 

投資で儲けられない人は、上記の3つすべてが出来ていない人なはずです。

今日は①の良質な銘柄選びに関して紹介します。

 

【成長性がある企業】

成長性がある企業は①独自の強み、②売り上げ拡大余地の2つが揃っている企業となります。

理由としては、独自の強みが無いと競合他社にお客を取られてしまい、利益も上がらないからです。また、すでに飽和状態の市場では売り上げ拡大余地がなく、価格競争や生産性の効率化でしか利益を上げられず、企業としての成長が予想できないからです。

逆に、ブルーオーシャンで独自の強みを活かして市場に参入できていれば、成長できそうなイメージが付きやすいと思います。

①と②は定性的な分析でしか確認出来ませんが、これらの情報を確認出来て市場の状況まで分かっていれば、非常に良質な投資対象を選定出来るはずです。

 

これが、株の勉強をし始めた際に「身近な商品で良い商品やサービスを提供している企業を投資対象として考える」という話だと思います。

僕はスーパー温泉的な施設が結構好きだったりして、回数券を買う程の行きつけがあったので、投資対象と考えていましたが、上場しておらず購入出来ませんでした。

しかし、上場した際には投資対象にしたいなぁ~と思っている次第です。

 

結論:良質な銘柄選びは、良い商品やサービスを提供している企業であること!