一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

ひすいが考える"バリュー投資"の売買ルール検討内容

こんばんは。

ひすいです。

 

昨日は、バリュー投資も組み合わせていくという話をしました。

そこで、実際にバリュー投資を実施する際のルールについて検討を始めました。

今日は、そのなかで指標についてまとめた検討内容を公開しようと思います。

 

【PER】

PBRは株式投資をする人ならば、誰でも知っている指標の一つだと思います。

PER(株価収益率)のやさしい説明

  [ルール]

 ■PER:15倍以下

 ⇒上記のサイトでも記載のあった通り、一般的に15倍が割安かどうかの目途みたいなので、これを一つの投資判断としました。

 

【PBR】

PBRも有名な指標の一つだと思います。

以下のサイトにあるように、株価の割安度を純資産で計算するものです。

PBR(株価純資産倍率)のやさしい説明

 [ルール]

 ■PBR:1倍以下

 ⇒一般的にPBRが1倍以下は割安と判断されるそうなので、これを一つの投資判断としました。

 

配当利回り

配当利回りの高さは、様々な投資家からの評価向上、長期保有時の利回りアップ、数値として計りやすいという点からも考慮すべき点だと考えました。

  [ルール]

 ■配当利回り:3.5%以上

 ⇒完全ホールド戦略の場合には4%を狙いたいところですが、利確する事を考えると利回りはあくまで投資効率を上げる指標として考えるべきだと思い、3.5%にしました。

 

ちなみに、ザイにも「株500激辛診断」という事で、上記基準について見やすくまとめてくれています。証券会社のスクリーニング機能を利用しても良いのですが、微妙にルールに引っかからない株なども投資対象として発見しやすいので良いと思いました。

 

実際に指数だけまとめてみましたが、バリュー投資と言っても、完全ホールドの基準と対して変わらないなぁ~と思いました。

次回は、財務面について具体的な検討内容を公開しようと思います。