一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリートSE「ひすい」の金持ちまでの道のり

このサイトでは、僕がお金持ちになるまでの成功体験記をリアルタイムで楽しめるサイトとなっております。サイト名変えました。そろそろエリートになってもいい頃だろうと思いまして。。。

頭で見てない人、多すぎじゃない?

f:id:hisuirai35:20170406222921j:plain

こんばんは。

ひすいです。

 

【頭で見れない】

最近、自分のブログの記事をもっと分かりやすく書ければなぁ~などと思い、"ブログの書き方"的な書籍を仕事終わりに読んでたりしてますw

そんな中、一つ思ったことがあります。

それは、「頭で見てない人、多すぎじゃない?」という事です。

 

【頭で見るとは?】

これはロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん」の中で出てくる言葉で、キヨサキ氏の金持ち側の父さんが、キヨサキ氏が最初に不動産を買った際に指導した際の言葉です。個人的に非常に良い言葉だと思います。

どういう意味かと言うと、"取引、お金に関する取り決め、市場、マネージメント、リスク要因、キャッシュフロー、会社の組織、税制"など目で見えない部分を"理解"するという事です。

 

【頭で見てない人、多すぎと思った訳は?】

なぜ、そう思ったかと言うと、"伝え方が9割"や"webの書き方だけで驚くほど..."など書き方本を見ていると、中身ではなくて、表現方法で全然評価が変わると書いてあるからです。

さらに言うと、仕事においても"なんとなく"や"そう思ったから"で判断している人や場合が多く、本当に段取りや理由を考えて仕事をしている人が少ないからです。

 

【頭で見れない結末は?】

物事を頭で見れない人の結末は。。。

とくに何もないと思います。。。

ただ、投信・株・不動産・副業など多くの事に関して、"頭で見る"という事が出来ないと成功は難しいでしょう。

 

 

【目で見た結果、大失敗した例】

あまり、恥ずかしくて言いたく無かったのですが、今となってはいい思い出なので話すと。。。

 

投資を始めて間もない頃に、"日本株アルファ・カルテット"という非常に分配金が高い投資信託商品がありました。

それはそれは高く。。。分配金300円/月とか、今考えたら怪しさ満点の商品がありました。

しかも、その商品は当時、人気No1、分配金No1などキラキラ光ってたんですね。。。

それを見た僕は「分配金300円/月なら1年で3600円だ。10単元買ったら、1年で3万6000円か!?これは、うまいぞ!!」と頭で見ているつもりが完全に目で見ている状態でした。。。

その結果、どんどん基準価額が目減りし、配当金は300円⇒100円になり、遂にはトータルでマイナスになり。。。最終的に2万5000円ほどのマイナスになりました。。。。

今思い出すだけでも、色々とダメだったなぁ~と思いますが。。。。

※"日本株アルファ・カルテット"を批判してるっぽくなっちゃってますが、別にこの投資商品が完全にダメとは言ってないです。僕には利益を出すには難しい商品だったというだけです。

 

【結論】

個人的な考えになってしまうのですが、目で見てすぐに理解できることは悪い訳じゃないのですが、目で見てすぐ分かった気になれるものは、多くの場合、裏があり、その裏側の事実が非常に大事だったりすると思います。

それは、投資や仕事以外でも通じる話しだと思っていて、色々な人から受けがいい人は実は裏でしっかりと根回しをしていたり。。。スポーツが出来るなぁ~と思う人は、実は家に帰ってからプロの動きを研究していたり。。。

裏側を知ると、以外にそこがすごい大事な部分なんじゃないかと思いました。