一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

僕が富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

仕事が出来る人は基本がしっかりしている

こんばんは。

ひすいです。

 

仕事が出来る人にも色々種類があるとは思いますが、出来る人の多くは基本がしっかりしている傾向があります。

PMPの学習をしてからプロジェクト(=期限付きの成果物を求められる仕事)の基本を学び、仕事をしていくうえでどんな事をしていけばよいのか少しずつ理解してきました。

そして、PMPを学習してからというもの職場の人間関係はより発展し、上司からも仕事を任せてもらいやすくなり、何より自分の中でPMPの学習で学んだ基本通りに仕事をするだけで良いと思ったら仕事の悩みがぐっと減りました。

 

そんな訳で、今日は僕がPMPで学んだ多くの仕事で活用できる仕事の基本の進め方を紹介したいと思います。

 

[仕事の準備段階]

顧客・スポンサーからの要求を洗い出す

要求事項から必要となる成果物の洗い出し、認識合わせ

成果物作成に必要となる作業の洗い出し

作業を実際の内容まで落とし込み

作業の順序性設定

各作業の期間見積もり

全体のスケジュール作成

コスト見積もり

全体予算設定

成果物に関連する品質の意識合わせ

報連相の仕方の取り決め

当該作業のリスクの洗い出し

リスク対応するのかしないのか分析

リスク対応計画の作成

調達

 

[仕事の実行段階]

成果物の品質管理

チームの編成や育成

調達の実施

 

[適時行う事]

成果物作成に必要な作業がずれていないか確認

スケジュールに差分が無いかの確認

コスト計画に差分が無いか確認

品質が想定通りか確認

顧客やスポンサーとしっかりコミュニケーションが取れているか

 

[仕事の終結]

成果物の正式な受け入れ

 

 

上記のような流れを基本として仕事を進めていくと良いと思います。

ただ、上記の内容を全て実施しようとすると小さな仕事では計画倒れになりかねません。

このため、PMPではテーラリングと言って、必要な内容を適時選出して必要な仕事を実施していくとしています。

これは、慣れていくしかありませんが、多くの仕事で使える大事な考えだと思いますので、ぜひ皆さんも参考にしてもらえたらと思います。

 

ちなみに、PMPの学習を進めていくとより詳しく上記の内容を学習できると思います。

プロジェクトなんて大それた仕事していないと思う方もいらっしゃるかも知れませんが、PMPで定義しているプロジェクトとは期限が決められており、固有の成果物を作成する仕事となっています。

特にSEの世界ではプロジェクトは日常茶飯事だと思いますので、PMPを取得しなくてもPMPの学習をするだけでも少しは業務に活かせると思います。