一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

ホリエモンの多動力は一般人にこそ必要

こんばんは。

ひすいです。

 

最近、テレビを見ていてホリエモンこと堀江貴文氏って結構すごい人なのかなぁ~などと思う事があり、堀江氏について調べていたら『多動力』なる言葉を提唱していることを知りました。

そして、以下の記事を読んでいたらところ気になるポイントがありました。

堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 それは、

『複数の肩書きを掛け算することであなたはレアな存在になり、結果的に価値が上がる。』

これって結構さらって書いてありますが、すごく大事なことなんじゃないかなぁ~と思ってます。

なんでそう思うかと言うと、『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ氏も同じ様なことを書籍で紹介していたので、やっぱりそうなんじゃないかなぁ~なんて思いました。

そして、実際に僕もいくつものレアな肩書を得ようとしています。

例えば、CCIE&PMPホルダーであり、数百人以上の女性と遊ぶナンパ師であった(過去形)り、投資家であり、ブロガーでもあると言ったように肩書を得ようと頑張っています。

 

ただ、様々なことをするのは悪くはないのですが、様々なことをしても一つ一つの肩書がしょぼいと、トータルしても大したことなくなってしまうってところが問題だと思います。

僕の例でいうと、CCIE&PMPホルダーはレアだし、数百人以上と遊べるようなナンパ師もレアだとは思いますが、投資家やブロガーだけだと全然レア度は高くないんですよね。。。

投資家やブロガーもピンキリなので、現状ではレアな存在にはなれないでしょう。

 

レアな存在になるには、一つ一つの肩書自体もある程度レアな必要があると思うんです。

例えば、「資産総額1億円以上の投資家」や「月間PV数100万のブロガー」であればこいつは凄いとなり、どんどんレアな存在になっていくでしょう。

ホリエモンがあんなにも色々な事が出来る理由は、ライブドアの社長をしていた際のビジネスや経営に関する下地がしっかりあり、知名度も高いから様々な事をしても活躍し易いのだと思います。

 

ただ、それでも色々な肩書を持つという事は、堀江氏やロバート氏が言うようにこれからの時代に自分の価値を高める為に重要だと思います。

「10年後に機械化によって不要となる仕事」なんて言う話が出てきていますが、これからの時代は機械では出来ない、新しい事を創造出来る人が活躍する社会になってくると思います。

このため、様々な経験や肩書を得ながら、新しい自分の価値を創造していく努力をする事が、将来的に人材価値を高め収入を増やす手助けになると思います。

 

僕は、投資活動により富裕層にもなり、ブログを収益化してより楽に収益を得られるようになって、多動力も身につけたいと思いますw