一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

失敗を恐れず挑戦する心こそ、お金持ちになるには必要だ。

こんばんは。

ひすいです。

 

失敗を恐れず挑戦する心がお金になる為には大事なんだと思うのです。

 

実は昨日金持ち父さんシリーズの『金持ち父さんの起業する前に読む本』を立ち読みしたのですが、お金持ちになる人達は安心よりも自由を求めて起業(挑戦)すると書いてあり、非常に共感しました。

 

なぜ、共感したのかと言うと、つい先日新たに成長株投資を始めたのですが、早速評価額が10%もマイナスになり、悲しい気持ちになったのですが、成長株投資で儲ける為に色々な事を学びました。そして、今回投資してしまった企業は成長株投資として良いのか悪いのか真剣に考え成長株投資に関する知見が深まりました。

このように、やはり目標に向かって挑戦しない事には失敗も生まれず、失敗から学ぶ事も無いので、まずは挑戦する事は非常に大事だなぁ〜と共感したわけです。

 

そして、僕の周りの人達で挑戦を嫌い、安心を好むタイプの人がいるのですが、このような人達は特に調べもしないうちから危険だと思い込み投資をしないのです。

確かに、投資に関する正しい知識や経験がないうちは失敗しやすいものだと思います。

しかし、危険だと判断されるのは、訓練されていないが為に危険なのであって、投資自体が危険な訳ではないのです。

投資はしっかりとした知識と経験のある人達は成果を出しているのです。

正しい知識と経験がない訓練されていない人材は、どの分野、どの仕事の世界においても危険と隣り合わせだと思うのです。

 

例えば、僕はSEなのでSEの仕事で話をするならば、技術知識が全くない素人がいきなりシステムを構築する仕事を受注しても、装置選定を誤りお客様に多大な迷惑をかけてしまったり、装置をうっかり壊してしまったり、不具合だらけのシステムを納品してしまい、逆に会社に損失を与えてしまうでしょう。

このように何をするにしても、正しい専門知識と訓練を積んでいない人は何をしてもうまく行くことは少ないと考えられます。

逆に投資でも正しい知識と経験を積めばある程度の成果は見込めると考えられます。

 

今でこそ僕はCCIEやLPICPMPなど様々な資格を取得しその道ではかなりのレベルに達しているですが、僕が大学生のときはルーターとスイッチの違いすらも分からない程レベルが低かったのです。

このため、学生時代は多くの失敗を経験して恥ずかしい思いも何回もしてきました。

しかし、しっかりと勉強し資格を取得し現場で経験を積んだ事で、技術者としてはかなり高いレベルに達したと思っています。

 

そんな訳で、投資においても挑戦しなければレベルは低いままで終わってしまうので、初めから危険だと考えて何もしないのは止めた方がいいです。

投資は実際に高額な取引を行う必要があるので、一度の失敗が大きな失敗に見えていまします。

しかし、大学に通った人達は400万円以上もの自己投資を親にしてもらって教育と失敗しても良い環境で4年間経験を積むと考えたら、数万程度の損も自己投資と考えて、その後数十年間利益を出し続けられるだけの知識と経験を得られるように投資もどんどん勉強して実践していく方が将来的には資産が増えていくと予想できます。

 

そんな訳で、僕はこれからも挑戦して失敗する事を恐れず、どんどん新しい事に挑戦して行こうと思います。