一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

僕が富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

お金持ちの定義とは(ひすいの考え)

お金持ちの定義に関して、野村総合研究所が以下のように定義しています。

http://www.nri.com/Home/jp/news/2016/161128_1.aspx

簡単にまとめると以下のようになるようです。

=======================================================

資産3000万円未満:普通(マス層)

資産3000万円以上-5000万円未満:ちょっと金持ち(アッパーマス層)

資産5000万円以上-1億円未満:富裕層直前の人達(準富裕層)

資産1億円以上-5億円未満:富裕層

資産5億円以上:神々の世界(超富裕層)

=======================================================

多くの人がマス層に入るのかと思いますが、大手に努めて昇進街道を登り切った人達は、退職金と自宅の資産価値まで含めたらアッパーマス層または準富裕層あたりになる人もいるのかなぁ~っと言った感じに思えました。

僕が学生の時に思っていた金持ちはそのままの意味で現金をいっぱい持ってる人(1億円くらいor年収1000万円くらい) だと思っていましたが、半分は合っているように思えました。

 

※余談ですが、半分間違えだった年収1000万円と言うのも当時は十分お金持ちの領域に入っているように思えていましたが、最近はそうは思わなくなりました。

なぜかと言うと、日本は年収が高くなればなるほど所得税額が増額する累進課税制度を取っている国のため、単純に年収が高いだけでは手取りは年収に比例して増加しないからです。

たぶん指数関数的に年収が増える程、税金でお国にお金を納めなければならないので、実際の手取りが大したことなくなる事を意味していると思いました。

(それでも年収1000万円だったら手取り700万円から800万円程度入るはずなので、それなりの暮らしが出来るとは思いますが...)

 

で、話は戻って、僕が考えるお金持ちの定義は以下の様に定義します。

・金融資産総額1億以上

・金銭的心配の無くなるくらいの不労所得を所持

・多額のお金と社会的地位を手に入れられるだけの事業を所持

 

実際に自分がお金持ちだと感じられる状態というと、欲しいものは基本的になんでも買うし、買い物をしているのにも関わらずどんどんお金が増えていくような、まさに夢のような状態がお金持ちだと思います。

 

そんな夢のような状態になるには、相当な元手と相当な資産運用能力が必要だとは思いますが、お金持ちを目指して日々頑張っていきます!!

 

以上、僕が考えるお金持ちの定義でした。