一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

第1号保険者の皆さま!確定拠出年金で節税しましょう

 

f:id:hisuirai35:20171117003758j:plain

2001年10月に導入された確定拠出年金は、加入者自身の運用によって、将来の受給額が決まります。掛金の拠出額限度が最も大きいのは、自営業者が当てはまる第1号保険者です。積み立てる掛金が所得控除となるため、国民健康保険国民年金、税金の負担が大きい自営業者にとって税金対策になりえます。

 

自営業者は第1号保険者として確定拠出年金に加入できる

私的年金に分類される確定拠出年金には、企業型と個人型の2種類があります。複数の銀行では国民年金基金連合会が運営する個人型を扱い、自営業者が加入する場合は第1号保険者にへと分類されます。

第1号保険者は、満20歳以上60歳未満であり、免除を受けずに国民年金保険料を納付していて、農業者年金基金に加入していないと個人型確定拠出年金への加入資格が得られます。

拠出限度額は月額6万8000円で、年間81万6000円の所得控除となります。

確定拠出年金で積み立てた掛金は全額所得控除になって、得ることのできる利益に税金はかかりません。確定拠出年金の資産を受け取るとき、一時金の場合は退職所得控除、年金の場合は公的年金控除です。

 

加入時などにかかる手数料

確定拠出年金に加入するためには、国民年金基金連合会や運営管理機関、管理関係の事務を受託する事務委託先金融機関に手数料を支払う必要があります。

加入時には初回掛金から控除された2777円が国民年金基金連合会へ、給付時には毎回給付金から控除された432円が事務委託先金融機関へ支払われます。運用時には月額で国民年金基金連合会に103円、事務委託金融機関に64円と定まっていますが、運営管理機関の手数料は金融機関で異なります。

 

f:id:hisuirai35:20171117004239j:plain

一時金として受け取る場合の退職所得税の控除額

確定拠出年金は原則、60歳から受け取ることができるものです。一時金の場合は退職所得控除、年金の場合は公的年金控除となります。退職所得税控除額は、払込年数20年を境に分岐します。20年以下の場合は40万円と勤務年数をかけた額ですが、80万円に達しない場合は80万円です。20年を超える場合は20年引いた勤務年数に70万円をかけて、800万円を足すと算出できます。

 

まとめ

確定拠出年金はサラリーマンなども加入できますが、自営業者に特に大きな効果をもたらします。手数料がかかりますが、金融機関で異なる場合があり、慎重に選択すれば少ない負担で運用していくことができます。60歳以降は給付金を受け取り続けられるため、加入に迷うときは将来をよく考えましょう。

失敗を恐れず挑戦する心こそ、お金持ちになるには必要だ。

こんばんは。

ひすいです。

 

失敗を恐れず挑戦する心がお金になる為には大事なんだと思うのです。

 

実は昨日金持ち父さんシリーズの『金持ち父さんの起業する前に読む本』を立ち読みしたのですが、お金持ちになる人達は安心よりも自由を求めて起業(挑戦)すると書いてあり、非常に共感しました。

 

なぜ、共感したのかと言うと、つい先日新たに成長株投資を始めたのですが、早速評価額が10%もマイナスになり、悲しい気持ちになったのですが、成長株投資で儲ける為に色々な事を学びました。そして、今回投資してしまった企業は成長株投資として良いのか悪いのか真剣に考え成長株投資に関する知見が深まりました。

このように、やはり目標に向かって挑戦しない事には失敗も生まれず、失敗から学ぶ事も無いので、まずは挑戦する事は非常に大事だなぁ〜と共感したわけです。

 

そして、僕の周りの人達で挑戦を嫌い、安心を好むタイプの人がいるのですが、このような人達は特に調べもしないうちから危険だと思い込み投資をしないのです。

確かに、投資に関する正しい知識や経験がないうちは失敗しやすいものだと思います。

しかし、危険だと判断されるのは、訓練されていないが為に危険なのであって、投資自体が危険な訳ではないのです。

投資はしっかりとした知識と経験のある人達は成果を出しているのです。

正しい知識と経験がない訓練されていない人材は、どの分野、どの仕事の世界においても危険と隣り合わせだと思うのです。

 

例えば、僕はSEなのでSEの仕事で話をするならば、技術知識が全くない素人がいきなりシステムを構築する仕事を受注しても、装置選定を誤りお客様に多大な迷惑をかけてしまったり、装置をうっかり壊してしまったり、不具合だらけのシステムを納品してしまい、逆に会社に損失を与えてしまうでしょう。

このように何をするにしても、正しい専門知識と訓練を積んでいない人は何をしてもうまく行くことは少ないと考えられます。

逆に投資でも正しい知識と経験を積めばある程度の成果は見込めると考えられます。

 

今でこそ僕はCCIEやLPICPMPなど様々な資格を取得しその道ではかなりのレベルに達しているですが、僕が大学生のときはルーターとスイッチの違いすらも分からない程レベルが低かったのです。

このため、学生時代は多くの失敗を経験して恥ずかしい思いも何回もしてきました。

しかし、しっかりと勉強し資格を取得し現場で経験を積んだ事で、技術者としてはかなり高いレベルに達したと思っています。

 

そんな訳で、投資においても挑戦しなければレベルは低いままで終わってしまうので、初めから危険だと考えて何もしないのは止めた方がいいです。

投資は実際に高額な取引を行う必要があるので、一度の失敗が大きな失敗に見えていまします。

しかし、大学に通った人達は400万円以上もの自己投資を親にしてもらって教育と失敗しても良い環境で4年間経験を積むと考えたら、数万程度の損も自己投資と考えて、その後数十年間利益を出し続けられるだけの知識と経験を得られるように投資もどんどん勉強して実践していく方が将来的には資産が増えていくと予想できます。

 

そんな訳で、僕はこれからも挑戦して失敗する事を恐れず、どんどん新しい事に挑戦して行こうと思います。

 

インデックス型投資信託、割安株投資、成長株投資の役割について(成長株投資の勉強を通して)

f:id:hisuirai35:20170823233224j:plain

こんばんは。

成長株投資勉強中のひすいです。

 

アベノミクス第3弾の波が来てからと言うもの完全に成長株投資の勉強ばかりしています。

以前からお金持ちになるには成長株投資が必要だと分かっていたのですが、割安株投資が自分の中で定着してきたので、なかなか勉強に乗り気になれていませんでした。

しかし、今回一気に熱が付いて勉強してみたら、成長株投資こそお金持ちになる為に必要な方法だとようやく気付く事が出来ました。

まずは成長株投資がお金持ちになる為に重要だと感じた理由を紹介します。

 

成長株投資が重要な理由

理由1

割安株投資やインデックスバランス投資よりも数倍~数十倍の利益が期待出来る。

 

理由2

割安株投資よりも組み入れ銘柄変更までの期間が長くする事も出来る

 

理由3

かのバフェットが超長期の成長株投資をしている

 

投資レベル

現在、成長株の勉強や選定に非常に多くの時間を費やしているのですが、バフェットのように超長期の成長株投資をすれば、一度自分の中で成長株投資を確立させてしまえば、投資信託の様に月に数回軽くチェックするだけで資産を増やしていけるようになるのではないかと期待しているのです。

そうしたら、ようやく投資信託と同様、株式投資へ掛ける時間をほぼ0にでき、次のお金を生み出す仕組みに力を使えるようになるのではないかと期待しているのです。

このように、またも達観し始めているのですが、インデックス投資信託、割安株投資、成長株投資と勉強していくにつれて、それぞれの投資の特徴が分かってきて、それぞれの投資をする意味がようやく掴めてきました。

ここまで来たら、ロバート氏の定義する投資家レベルとしては、レベル4(長期的投資家)に近付いてきたのではないでしょうか。

それでは、僕がインデックス投資信託と、割安株投資、成長株投資の役割と位置づけを紹介します。

 

投資の役割と位置づけ

インデックス投資信託

資産防衛的な役割で、物価上昇や円安など様々なリスクから自分を守る投資です。

株式投資よりも簡単で完全自動化出来る方法になります。

 

割安株投資

資産防衛と資産成長のどちらの役割も兼ねることができます。

インデックス投資よりも利回りが高いが成長株投資程ではなく、古典的な割安株の判断指標を使って簡単に投資が出来るが自動化までは出来ない方法です。

 

成長株投資

資産成長の役割のみとなる。

一方で、最も利回りが高く、徹底した事前調査がないとリスクが高く、事業の内容から将来成長しているか予想出来るようにならなければならないので、投資の難易度も上がる方法です。

 

このように各投資の役割が異なっていますが、それぞれを使い分けてあげることで、より着実にお金持ちになれると理解出来ました。

 

最近、Jリートが割安みたいけど…

こんばんは。

ひすいです。

 

最近、Jリートが割安になってきてるみたいですね。

個人的に不動産には憧れがあって、不動産を投資対象としているリートは非常に好きなのですが、日本のリートとなるとなかなか手が出しづらいです。

 

理由としては、日本って人口減小国で少子高齢化国でもあるので、日本の不動産のお先は真っ暗と言う印象しかないのです。

そんな訳で、指標的に割安でも、長期的な観点ではあまり割安にならないんじゃないのかなぁ〜なんて思っちゃう訳です。

 

でも、不動産への憧れはあるしかなーり割安になったら買いたいなぁ〜なんて思うのがJリートな訳です。

 

皆さんはそこら辺のJリート投資への考えはどうなんでしょうか…

って、言っても多くの人は同じ考えですよね…笑

 

ちなみに、Jリート.jpと言うサイトがあるのですが、直近10年間のNAV倍率のグラフがあります。以下、Jリート.jpのNAV倍率グラフ

マーケット概況|J-REIT.jp | Jリート(不動産投資信託)の総合情報サイト | ARES J-REIT View

 

NAV倍率は純資産から見る投資対象価格の割安度の指数なのですが、ようやく1を切るかなぁ〜と言ったところなのです。
つまり、割安と言っても直近10年間のNAV倍率からすると少し割安になってきているが、本格的な割安では無いですよ〜って事です。

 

将来の人口減小や少子高齢化を加味するともっと割安にならないと投資対象としての魅力は薄いです。

NAV倍率が0.7になったら、純資産から30%オフなので、ちょっとしたバーゲンセールかなぁ〜と思うので、NAV倍率0.8になるまではまだまだかなぁ〜と傍観したいと思います。

資産公開(2017年11月) (投資信託)

こんばんは。
ひすいです。
今月の投資信託の運用状況を報告したいと思います。

 

今月(11月)の結果

【トータルリターン】

f:id:hisuirai35:20171111231838p:plain

【各ファンドの詳細】

f:id:hisuirai35:20171111231916p:plain

【先月の結果】

hisuirai.hateblo.jp


今月の所感

実は先月、三菱UFJ国際-eMAXIS  バランス(8資産均等型)を利確しています。

理由は、Slimに移転する為なのですが、まだ利確金額をSlimで追加購入出来ていません。

なんで追加購入していないのかと言うと、日本株式市場の勢いがすごいのでSlim移転が逆にマイナスの結果になってしまいかねないからです。。。

信託財産留保額と信託報酬が0.数%安いからSlimに移動しようと言うのに、数%以上も値上がりされては手が出ませんw

 

それにしても、日本株式市場の勢いが凄いですね。色々な有名ブロガーの情報を見ていると、年内はほぼ確実で、年度内も結構高い確率で上昇するのでは?と思ってます。それ以降はまだ分かりませんが。。。

そんな訳で、今は投資信託を買い増しするよりも日本株式で最後のでかいチャンスを掴む方が大事かなぁ~なんて思います。

 

ただ、投資信託の振り返りをしていて思う事は、投資信託の積み立て投資は本当に心穏やかに投資出来るなぁ~と思うのです。

日経平均株価がどれだけ上昇しようが結局利確はする事は無いので、何も気にせず投資出来ています。

個別株式の個人の裁量取引と比べて投資信託のメリットの一つは投資家の精神状況が安定するという事があるかも知れません。

正直な話、今の国内の個別株投資は少し手に汗握るものがあります。

こんな状況だといつか事故るなぁ~と思い、もう少し冷静に状況を見極めていかねばと改心した次第です。

 

そんな訳で、皆様も今の熱い日本株式市場に熱中し過ぎず、少し冷静になって投資判断が出来るように一度現状を整理してから投資してみてはどうでしょうか。

僕もこの土日で自分の頭の中を整理して、自分を俯瞰視出来るように冷静さを取り戻そうと思います。

 

 

 

ポケモン新作 ウルトラサンムーンが発売されますね

f:id:hisuirai35:20171111145027p:plain

こんにちは。

ひすいです。

 

11月17日には待望のポケモンウルトラサンムーンが発売されますね。

って、なんでポケモン!?と思うかも知れませんが、実は僕。。。子供の頃からポケモン好きで新作は常に買っているのです。

そんな訳で、今回もポケモンウルトラサンムーンを両方とも予約しましたw

 

今回は前作と同じアローラ地方なのですが、メインはサカキじゃなくてネクロズマみたいですね。

ソルガレオルナアーラ専用のZ技も出てきたら、マンタインサーフという新しいライド機能も追加されてたりと色々と今作も楽しめそうです。

特にサカキさん率いる?レインボーロケット団なるものも登場するようですので、これはポケモンシリーズをしてきた人にとっては胸熱な内容となっているのではないでしょうか。

f:id:hisuirai35:20171111145855p:plain

 

 

そんな訳で、今回のポケモン新作を楽しみしています。

ポケモンが発売したら投資記事をあまり掲載出来ないかも知れませんが、僕がポケモンクリアするまで待っていてくださいねw

皆さんも久しぶりにポケモンをしてみては如何でしょうか?w

ちなみに、今はダウンロード版もあるみたいですが、僕は断然パッケージ版が好きです。なんでかと言うと、やっぱりパッケージを開けてゲームを始めるタイミングのちょっとしたワクワク感も併せてゲームの楽しみの一つだと思うからです。

以前、別のゲームでダウンロード版をしたことがあるのですが、ダウンロードは長いしパッケージを開ける時の楽しみはないしで、やっぱりパッケージ版が好きだなぁ~と思ったのでした。

パッケージかダウンロードかは個人の好みの領域ですが、どうせ楽しむならば好きな方を選んだ方が楽しみが増えるというものですね。

 

 

 

2017年11月の日本株 投資の展望(続伸)

こんばんは。

ひすいです。

 

 月初の記事で長期の観点では日本株式は2019年中には株式は売却する方が良いと述べました。

この言葉だけ見ると、高値更新している今のタイミングで新たに買うべきでないと捉えられてしまうかも知れません。

しかし、中期で見ると2019年までは日経平均株価は伸びる又は高値圏を維持する可能性は高いと予想しています。

このような見通しの中、割安になるまで待ち続けるのは勿体無いと思うのです。

まだ買付余力が十分にあるならば、余力の少しは今の上昇波に乗る資金にしてもありだと思うのです。

 

新たな挑戦!! 成長株投資

僕の基本スタンスは割安株投資なのですが、毎日のように株価が高値更新するタイミングではひすいが基準とする割安株は手に入りません。

そんな訳で、僕は初めて?成長株投資なるものを実践してみました。

今回投資した企業はレントラックス(6045)と言う成果報酬型広告サービスの企業です。

いわゆるアフィリエイトプロバイダですね。

 

投資理由としては、2点あります。

  1. 投資本で紹介されていたため
  2. サービス内容から今後も成長が期待できると感じたため

一つめの理由の投資本と言うのは『いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 』と言う、なんとも怪しい本なのですが、本の内容が意外に良かったので、その中で袋閉じにされている厳選株の一つを挑戦してみたと言う訳です。

この書籍が良いと感じた理由としては、書籍内に書かれている予想がかなり的中していたからです。例えば、日経平均株価が17年5月~17年11月、23192~29156円との見立てとあり、実際に17年9月時点で高値の23,400円を記録しており、予想が的中しているのです。また、袋とじの3つの株のうち僕が購入したレントラックス以外は既に書籍発売後から2倍近くの株価になっているのです。

この結果と、実際に本の内容が良かったので、紹介されている株の中から更に自分でも吟味してレントラックスを購入したという訳です。

 

2つ目の投資理由のサービス内容から成長が期待出来る点ですが、自分がアフィリエイトをしている事もあり、今後もインターネットを利用した広告はどんどん増えていく事も予想出来たので、投資対象としました。

 

今後の投資について

有名な株の投資ブロガーS氏も年内に2万5千円まで行くと予想しているようです。

ssoubakan.com

実力のある投資家も年内は上昇基調と伝えてくれているだけあり、今は本当に上り調子なのだろうと思うのです。

ただ、自分の投資スタイルとして高値更新するようなタイミングでは投資しない人もいるでしょう。自分の投資スタイルが確立されていて、そのスタイルに忠実な事は非常に良いと思います。

しかし、僕は自分の投資スタイルは一つだけと決めつけなくても、しっかり買い理由や選定理由を管理して自分の精神状態もしっかりと管理出来ていれば新しい投資スタイルにチャレンジする事はむしろ投資の幅が広がって良いと考えます。

そんな訳で、僕は以前からブログでお伝えしていた成長株投資に挑戦していく事にしました。

さぁ、これからどんな結果になるのやらと言うところですね。。。w