一般的SE「ひすい」の金持ちまでの道のり

孤独なSE「ひすい」の富裕層への道のり

ひすいが富裕層になるまでの道のりを記すサイトです。生暖かい目で見守ってやって下さい。

iDeCo(イデコ)か企業型確定拠出年金に加入するか迷ってます。

 今年から勤めている会社が確定拠出年金を始める事を知り、入ろうかどうか非常に悩んでいるところです。

 そこで、迷える子羊達のために企業型とiDeCoのどちらが良いのか調査した内容を紹介します。

 まず、【確定拠出年金とは..】

「拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。」

参考:厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/kyoshutsu/gaiyou.html

 

つまり、自分用の年金を国が制度として作ってあげましたよって事です。自分の年金なんで、運用方法も個人でしてくださいねってところでしょうか。また、年金なんで所得税が掛からないという点が大きなメリットとしてあります。

 

次に、【確定拠出年金の種類】

 ①企業型年金

対象:企業型年金規約の承認を受けた企業に属する人が対象

拠出限度額:

 1.厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施していない場合:55,000円(月額) 
 2.厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合:27,500円(月額)

 ②個人型年金(iDeCo)

対象:1.自営業者等、2.厚生年金保険の被保険者、3.専業主婦(夫)等

1.自営業者等:68,000円(月額) 
※ 国民年金基金の限度額と枠を共有 
2.厚生年金保険の被保険者のうち

 〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合:12,000円(月額)

 〔2〕企業型年金のみを実施している場合:20,000円(月額)

 〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施していない場合:23,000円(月額)

 〔4〕公務員、私学共済制度の加入者:12,000円(月額)

3.専業主婦(夫)等:23,000円(月額)

 

つまり、厚生年金に入っているサラリーマンは企業型、個人型どちらにも入れるが、企業型なら27,500円まで拠出でき、個人型なら20,000円まで拠出出来ると言う訳ですね。

 毎月、老後資金をどれくらい貯められるっていう個人の財布事情にもよりますが、余裕がある人は企業型の方がいっぱい貯められるので、企業型にした方が良いと言う事になります。逆に毎月あまり貯金出来ていない人はどちらでも良いと言えると思います。

 

ただ、【気を付けたい事は手数料】だと思います。

 個人型確定拠出年金(iDeCo)では以下のような手数料が発生するとの事です。

[初期費用]

[拠出時費用]

[給付時費用]

[還付時費用]

参考URL: https://oneinvest.jp/ideco-hikaku/

※詳細は上記サイトにあります。

 一方、企業型は企業が払ってくれる分もあると考えると断然企業型の方がお得に見えてきます。

 ただ、企業型のデメリットもあると思っています。それは、商品の薄さです。

 僕は個人的に投資信託を積み立て購入していて、色々と投資信託について調べたので会社から来た投資商品を見た際に、非常に魅力の薄い商品しかないと感じました。

 それでも、iDeCoの手数料を考えると手数料が少ない企業型に魅力を感じると思いました。

 

結論:企業型確定拠出年金が無難な道